Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛媛大のサイトに不正アクセス - メールアドレスが流出

愛媛大学が不正アクセスを受け、「愛媛大学ミュージアム」の情報配信用に登録されていたメールアドレスが流出したことがわかった。

同大が業者に運用を委託しているウェブサーバが、同月10日に不正アクセスを受けたもので、外部機関から7月13日に連絡があり、判明したという。愛媛大学ミュージアムの情報配信メールサービスに登録されているメールアドレス366件が外部へ流出した。

同大学では、不正アクセスを受けたサーバを停止。アプリケーションの脆弱性を突かれたものと見られているが、詳細な調査を進めている。また、アドレスが流出した登録者には報告と謝罪を行う方針。

(Security NEXT - 2015/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性