Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日赤支社に不正アクセス - サイトを停止し調査を実施

日本赤十字社は、福島県支部のウェブサイトが不正アクセスを受けたことを明らかにした。各支部のウェブサイトについて点検を進めている。

同社によれば、7月3日夕方に外部より不正アクセスを受けたもので、ウェブサイトを一時閉鎖した。点検を実施しており、アクセスできない状態となっている。

同サイトに一般関係者の個人情報は保存しておらず、漏洩のおそれはないと説明。また支部ごとにウェブサイトを管理しており、今回の不正アクセスが他支部に影響を及ぼすことはないが、念のためすべての支部や施設のサイトを閉鎖し、点検を実施している。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、詳細調査中 - JR九州グループ会社
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
不正アクセス受けスパムの踏み台に - ロボット開発ベンチャー