Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野球グッズ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出

野球関連用品の通販サイトである「ONYONEベースボールギア」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報72件が流出したことがわかった。

同サイトを運営するプロスペクトによれば、2月27日に決済代行会社からクレジットカード情報流出の可能性があるとの指摘を受け、調査を行ったところデータの漏洩が判明したもの。調査を依頼したPayment Card Forensicsより4月3日に報告書を受け、決済代行会社やクレジットカード会社などと協議した上で公表したという。

同社の委託先において、ウェブサーバが不正アクセスを受けたのが原因で、2014年11月1日から2015年2月27日にかけて、サイトでクレジットカード決済を利用した72人の情報が漏洩した。氏名、住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

同社は利用者に対し、クレジットカードの利用明細に不審な取り引きがあった場合は、直接クレジットカード会社へ問い合わせるようアナウンスを行っている。また今回の問題について、影響の範囲は同サイトのみであると説明。同社が運営する他ネットショップや実店舗利用者への影響については否定している。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
フォレンジック調査で個人情報流出が確定 - GMO-PG
自転車通販ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出の可能性
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト