Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野球グッズ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出

野球関連用品の通販サイトである「ONYONEベースボールギア」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報72件が流出したことがわかった。

同サイトを運営するプロスペクトによれば、2月27日に決済代行会社からクレジットカード情報流出の可能性があるとの指摘を受け、調査を行ったところデータの漏洩が判明したもの。調査を依頼したPayment Card Forensicsより4月3日に報告書を受け、決済代行会社やクレジットカード会社などと協議した上で公表したという。

同社の委託先において、ウェブサーバが不正アクセスを受けたのが原因で、2014年11月1日から2015年2月27日にかけて、サイトでクレジットカード決済を利用した72人の情報が漏洩した。氏名、住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

同社は利用者に対し、クレジットカードの利用明細に不審な取り引きがあった場合は、直接クレジットカード会社へ問い合わせるようアナウンスを行っている。また今回の問題について、影響の範囲は同サイトのみであると説明。同社が運営する他ネットショップや実店舗利用者への影響については否定している。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出