Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

乗っ取りSNSアカウントによるスパム投稿に注意喚起 - レイバン

レイバンは、SNS経由で非正規品の宣伝を繰り返すスパム投稿が行われているとして、注意喚起を行った。

同社によれば、「Facebook」「Twitter」において同社を装い、宣伝行為を繰り返すスパム投稿を確認しているもの。スパム投稿を行っているアカウントは、乗っ取られたものが利用されているという。

同社は、これら投稿は正規取扱店によるものではなく、偽造品などへ誘導している可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP