Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - DNSSEC検証で影響受ける可能性

「BIND 9」に、異常終了するおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。Internet Systems Consortium(ISC)や日本レジストリサービス(JPRS)など関係機関では注意を呼びかけている。

トラストアンカーの自動更新における例外処理の実装に脆弱性「CVE-2015-1349」が判明したもの。同機能を持つ「同9.7」以降のバージョンが影響を受ける。

DNSSECによる検証を有効化し、トラストアンカーの自動更新機能を利用している場合に、特定の条件が重なるとリモートよりDoS攻撃が可能になるという。リモートからの攻撃は難しいものの、攻撃者がネットワークを制御できる場合は、攻撃を受けるおそれがあるという。

ISCではアップデートの提供を開始しているが、「同9.8」以前に関しては、サポートが終了しているため、パッチの提供は行われないため注意が必要だという。

(Security NEXT - 2015/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース