Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割が「セキュリティ対策に自信」 - しかし6割はパッチ未適用

企業の90%が自社のセキュリティ対策に「自信がある」としながらも、60%がパッチ未適用で、56%が4年以上前の「OpenSSL」を使用しているなど、認識と現実にギャップがあることがわかった。

米Cisco Systemsの年次セキュリティレポート「Cisco 2015 Annual Security Report」で明らかにしたもの。日本を含む世界9カ国1700社の情報セキュリティ最高責任者やセキュリティ部門担当役員を対象に調査を実施した。

回答企業の90%が自社のセキュリティ対策に自信を持っており、75%が自社のセキュリティ対策ツールを非常に効果的と考えていることがわかった。

その一方で、60%がセキュリティパッチを適用しておらず、56%が4年以上前のバージョンのOpenSSLを使い続けていることが判明。また最新バージョンの「Internet Explorer」を使用しているのは10%にとどまった。

(Security NEXT - 2015/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加