Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、中小向けに「たよれーる らくらくファイアウォール25」

大塚商会は、中小企業向けにファイアウォールのリモート運用監視サービス「たよれーる らくらくファイアウォール25」を提供開始した。

同サービスは、1台あたりの同時接続端末数が25台以下のCisco製ファイアウォールを対象としており、設置や初期設定、導入後の運用監視などを同社がリモートで代行する。

ファイアウォールやマルウェア対策、不正侵入検知、ウェブフィルタリング、拠点間VPNなど標準機能のほか、オプションでリモートVPNにも対応。また、障害発生時のリモートメンテナンスや故障時の復旧など、24時間体制でサポートを提供する。

月額利用料は9072円で、別途初期費用として20万3040円が必要。同社では、初年度に1000件の契約を目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
NTTデータ先技、マルウェア解析と運用監視を組み合わせて提供
サイトロックがSOCを設置、セキュリティサービスを展開
IPSやDDoSなど自由に選べる「SecureSoft Sniper ONE」
NEC、24時間対応の中小システム向け機器監視パック
大塚商会、無線LANの運用管理サービスを提供
富士通マーケティング、UTMの運用監視サービスを開始