Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2014」が札幌上陸 - ARP Spoofing Challenge

セキュリティ技術を競う国内最大のCTFイベント「SECCON 2014」の地方予選が、10月25日、26日の2日間にわたり札幌で開催される。

同大会では、サーバとクライアント間のUDP通信を、Linux上のARPテーブルを書き換えて通信を傍受、改変することでスコアを競う競技を予定。優勝チームには、2015年2月に東京電機大学で開催される全国大会のシード権が与えられる。

札幌大会では、「ARPパケット」を作成、送信する技術があると有利であるため、パケット操作ツール「pkttools」を習熟した上で参加することが推奨されている。また初心者を対象とした「ARP」に関する勉強会も併催する予定。

参加費は無料で、定員は1チーム最大4名、10チームまで。会場は札幌市産業振興センター。詳細や参加要件などは同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始