Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際会議の発表中にパソコンを置き引き被害 - 九大

九州大学大学院システム情報科学研究院の教授が、学生や卒業生、研究者などの個人情報を含むパソコンを、出張先のスウェーデンで紛失したことがわかった。

8月25日にスウェーデンで開催された国際会議において、同教授の発表中、付近に置いていた鞄が持ち去られたもの。鞄の中には大学が貸与したパソコンが入っており、事務局や現地警察に盗難を届けたが見つかっていない。

紛失したパソコンには、同教授が担当する3科目の講義を過去3年間に履修した学生、および卒業生約400人の氏名と点数、さらに国内外の大学、研究所、企業の研究者約300人の氏名と連絡先、送受信メールなどの個人情報が保存されていた。パソコンのハードディスクは暗号化を行っていたという。

同大学では今回の盗難を受け、対象となる学生や卒業生、研究者に対し、書面で状況を報告、謝罪する。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大