Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすましメール防止安心マーク」を国内銀行が初採用

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や民間企業6社が展開する「なりすましメール防止安心マーク」を国内行がはじめて採用した。

「なりすましメール防止安心マーク」は、ヤフーやニフティのウェブメールサービスにおいて、なりすましが行われていないことを確認できたメールに対し、アイコン画像やテキストを表示するしくみ。

送信ドメイン認証の「DKIM」と、発信者の実在証明を行うJIPDECのデータベース「サイバー法人台帳ROBINS」を組み合わせることで、正規メールを判別している。

銀行を装ったなりすましメールによるフィッシング被害の多発を受け、国内銀行において常陽銀行がはじめて採用したという。

(Security NEXT - 2014/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール
Emotet感染、なりすましメールが送信 - 軽金属製品協会
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
マルウェア感染でなりすましメール送信 - パッケージメーカー
グループ会社で「Emotet」感染、なりすましメールが送信 - シナネン
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力