Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベネッセの個人情報流出事件に便乗する不審電話に注意 - 「口座凍結される」と騙すケースも

ベネッセコーポレーションから顧客の個人情報が漏洩した問題に便乗し、詐欺と思われる不審な勧誘電話が発生している。国民生活センターは、詐欺の可能性もあるとして注意を呼びかけている。

同センターによれば、「ベネッセの情報漏洩の件で、あなたの情報が流出していないか確認している」などとして特定企業との取り引きがあるか聞き出したり、「流出した名簿にあなたの名前があり、このままでは口座凍結される」などと説明する不審電話が発生しており、同センターへ相談が寄せられているという。

これまでにも「個人情報が流出しているので、流出している情報を削除する」など説明し、金銭を騙し取る詐欺が発生している。

同センターでは、今後こうした不審電話が増加するおそれがあると指摘。不審電話がかかってきた場合、相手をせずすぐに電話を切り、不安があれば最寄りの消費生活センターへ相談するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
日本ネットワークセキュリティ協会、「JNSA賞」の受賞者を発表
6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査
印象が悪かった不祥事ランキング - 年金機構問題が6位
全世界で情報漏洩は10億件超に - ベネッセ事件の深刻度は6番目
ベネッセ装う詐欺電話に注意 - 介護施設費用や会員権取引装う
ベネッセHDら、ISMSの国際規格「ISO 27001」を取得
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
IPA、内部不正防止ガイドラインが改訂 - 必須策と強化策を明確化