Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerShell」を悪用するランサムウェア - Tor上でBitcoinによる支払を強要

トレンドマイクロは、5月ごろよりMicrosoftがWindows向けに用意している「PowerShell」を悪用するランサムウェアが出回っているとして注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、トロイの木馬である「TROJ_POSHCODER.A」。Windows向けのシェルやスクリプト言語「PowerShell」を悪用するもので、ランサムウェアにおいては珍しいケースだという。同マルウェアの被害は米国において拡大していた。

「PowerShell」により端末内のファイルを暗号化し、外部へ暗号鍵を送付。端末内のファイルについて暗号化を完了すると、英文にメッセージを表示し、「Tor Browser」を用いてTor内のサイトへアクセスするよう求める。誘導先のウェブサイト上では、復号化のための鍵と引き替えに 1BTC(Bitcoin)を支払うよう求め、指示に従わない場合は10日後に、サーバに暗号化に用いた鍵を削除すると脅すという。

セキュリティ対策ソフトによる感染の検知を隠蔽するために「PowerShell」を利用していると同社は分析。ランサムウェアにおいて改良が進んでいるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える