Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務情報含むPCを紛失、回収するもログインされた形跡 - サイボウズ

サイボウズは、取引先に関する情報などが保存されたノートPCを、従業員が一時紛失したことを明らかにした。PCは翌日回収したが、複数回にわたってログインされた形跡が残っていたという。

5月13日18時50分ごろ、従業員が業務用ノートPCを入れた紙袋を電車内に置き忘れ、そのまま紛失したもの。同日、駅職員がPCを発見、翌14日に回収した。

問題のPCには、取引先企業の担当者や販売実績、発注に関する情報のほか、取引先企業の販売リスト、同社主催セミナーへの申し込みリストなど、業務情報が保存されていた。

同PCは、スリープから復帰した際、パスワードを要求するよう設定していたが、導入していた暗号化ソフトにより、OS設定が書き換えられ、パスワードを入力しなくても、ログインできる状態になっていたという。

同社が回収後にPCを調べたところ、紛失から回収までの間に複数回にわたってログインされた形跡が存在。内部のデータを閲覧された可能性がある。同社では対象となる関係者に対し、謝罪するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県