Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Googleのログイン画面を装うフィッシングに注意 - 正規証明書で見抜くことは困難

米Symantecは、「Google Docs」や「Googleドライブ」を装ったフィッシング攻撃を確認した。Googleのサーバ上に設置されており、証明書から見抜くことも難しいとして注意を呼びかけている。

20140319sy_001.jpg
設置されていた偽ページ(画像:Symantec)

同社によれば、問題のフィッシング詐欺メールは、「Documents」という件名で送信されているもので、「Google Docs」のログインページに偽装したページへ誘導する。

問題のページは、一般アカウントを用いたGoogleドライブ上に設置、公開されていたもので、Googleドライブのプレビュー機能を使って共有アクセス可能なURLを取得し、表示していた。

正規のログイン画面と誤り、IDやパスワードを入力して送信すると、これらアカウント情報は外部サイトへ送信される。送信後は、実際に存在する「Google Docs」の文書にリダイレクトされていた。

Googleのサーバー上に設置されており、SSL証明書もGoogleのものが利用されているため、ドメインや証明書を確認しても偽サイトに気がつけないおそれがある。

今回の問題についてSymantecでは、「Gmail」や決済が行える「Google Play」などさまざまなサービスが利用できるGoogleのアカウントは、サイバー犯罪者にとって魅力的であり攻撃対象となりやすいと説明。注意を喚起している。

(Security NEXT - 2014/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を