Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Googleのログイン画面を装うフィッシングに注意 - 正規証明書で見抜くことは困難

米Symantecは、「Google Docs」や「Googleドライブ」を装ったフィッシング攻撃を確認した。Googleのサーバ上に設置されており、証明書から見抜くことも難しいとして注意を呼びかけている。

20140319sy_001.jpg
設置されていた偽ページ(画像:Symantec)

同社によれば、問題のフィッシング詐欺メールは、「Documents」という件名で送信されているもので、「Google Docs」のログインページに偽装したページへ誘導する。

問題のページは、一般アカウントを用いたGoogleドライブ上に設置、公開されていたもので、Googleドライブのプレビュー機能を使って共有アクセス可能なURLを取得し、表示していた。

正規のログイン画面と誤り、IDやパスワードを入力して送信すると、これらアカウント情報は外部サイトへ送信される。送信後は、実際に存在する「Google Docs」の文書にリダイレクトされていた。

Googleのサーバー上に設置されており、SSL証明書もGoogleのものが利用されているため、ドメインや証明書を確認しても偽サイトに気がつけないおそれがある。

今回の問題についてSymantecでは、「Gmail」や決済が行える「Google Play」などさまざまなサービスが利用できるGoogleのアカウントは、サイバー犯罪者にとって魅力的であり攻撃対象となりやすいと説明。注意を喚起している。

(Security NEXT - 2014/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も