Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内複数サイトが改ざん、狙いはIEのゼロデイ脆弱性

トレンドマイクロは、「Internet Explorer」に存在する未修正の脆弱性「CVE-2014-0322」を悪用したゼロデイ攻撃が、日本国内のサイトで確認されたとして注意を呼びかけている。

同社によれば、日本国内の本来悪意が存在しないいわゆる「正規サイト」が複数改ざんされ、IEに見つかった脆弱性「CVE-2014-0322」を悪用する攻撃が行われているという。

改ざんされたページへアクセスすると、マルウェアへ感染するおそれがある。脆弱性を修正する更新プログラムは、2月24日の時点で提供されていない。

同社では、22日に不正ファイルを確認し、その後の調査により脆弱性「CVE-2014-0322」を悪用するゼロデイ攻撃であることを確認した。被害の規模など詳細について調査を進めるている。

同社が24日の時点で確認している攻撃は、いずれも「htmlファイル」をはじめ、Flashの「swfファイル」、Javaのアーカイブファイルである「jarファイル」を組み合わせたもので、これらファイルが改ざんサイト内に設置されていた。脆弱性が存在する環境で改ざんサイトへアクセスすると、他サイトからマルウェアがダウンロードされ、実行されるおそれがある。

同社では、今後も同様の攻撃が継続して発生することが懸念されるとして、「Fix it」といった緩和策の実施や、脆弱性の影響を受けない「IE 11」へのアップデートを検討することなど、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を
Adobe Flash Playerにゼロデイ攻撃が発生 - 2月5日の週に修正予定
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
NTTドコモのLG製モバイルルータに脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」