Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ情報最大9万4000件が流出か、不正利用で判明 - 「ECカレント」など3サイト

通信販売サイト「ECカレント」「イーベスト」「特価COM」を運用しているウェブサーバが不正アクセスを受け、最大9万4359件の顧客情報を不正に取得された可能性があることがわかった。

20140131st_001.jpg
ウェブサーバが不正アクセスを受けた「ECカレント」

サイトを運営するストリームによれば、脆弱性を攻撃する不正アクセスを受け、顧客情報が不正に取得された可能性が高いことが判明したもの。2013年11月に同社顧客のクレジットカードが不正利用されたとカード会社から連絡があり、調べたところ不正アクセスの痕跡が見つかった。

流出した可能性があるのは、2013年9月28日から12月8日にかけて対象となる3サイトを利用して商品を購入した顧客の決済情報。氏名、メールアドレス、クレジットカード情報が含まれ、最大9万4359件にのぼる。

不正アクセス判明後、同社では12月18日までに脆弱性を修正、不正アクセスを防止するシステムを導入した。決済方法も、カード情報を保存しない方法に変更するという。

同社では、ウェブサイトの会員に対してウェブサイトやメールなどで状況を報告する方針。クレジットカードの変更を希望する場合は費用を負担するとしている。

(Security NEXT - 2014/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社