Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFR yarai」が海外進出、英語版を米国向けに提供 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、FFRIのマルウェア対策ソフト「FFR yarai」の英語版を、米国において販売開始した。

同製品は、未知の脆弱性やマルウェアに対応するセキュリティ対策ソフト。パターンファイルに依存せず、攻撃の特徴を4種類のヒューリスティックエンジンで分析して防御する。

NRIセキュアでは、これまで米国において、ゲートウェイによるセキュリティ対策をマネージドセキュリティサービスとして展開してきたが、同製品の投入によりエンドポイント対策にも力を入れる。

製品の展開にあたっては、コンサルタントによる英語での導入支援や、現地のビジネスアワーに対応したサポートも提供。2014年末までに、米国において約50社の導入を目指している。

(Security NEXT - 2013/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正