Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFR yarai」が海外進出、英語版を米国向けに提供 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、FFRIのマルウェア対策ソフト「FFR yarai」の英語版を、米国において販売開始した。

同製品は、未知の脆弱性やマルウェアに対応するセキュリティ対策ソフト。パターンファイルに依存せず、攻撃の特徴を4種類のヒューリスティックエンジンで分析して防御する。

NRIセキュアでは、これまで米国において、ゲートウェイによるセキュリティ対策をマネージドセキュリティサービスとして展開してきたが、同製品の投入によりエンドポイント対策にも力を入れる。

製品の展開にあたっては、コンサルタントによる英語での導入支援や、現地のビジネスアワーに対応したサポートも提供。2014年末までに、米国において約50社の導入を目指している。

(Security NEXT - 2013/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフレームワーク「Symfony」がアップデート - 複数脆弱性を修正
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
「Docker Compose」と「Remote API」を接続するOSSに脆弱性
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
「Apache ShardingSphere」にRCE脆弱性 - YAMLライブラリに起因
MSが定例外アップデート、「SMBv3」処理の脆弱性を解消
「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に