Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療分野のセキュリティとプライバシーの資格認定制度「HCISPP」がスタート

認定資格「CISSP」などを運営する(ISC)2は、医療分野におけるセキュリティおよびプライバシーの資格認定制度「HealthCare Information Security and Privacy Practitioner(HCISPP)」を開始した。

同資格は、医療分野におけるセキュリティおよびプライバシーの専門知識を有しているか評価する制度。職務能力分析調査を実施した上で、資格の範囲や内容を決定したとしており、「グローバル標準を反映したベーシックレベルな資格」と説明している。

同資格では、医療機関におけるセキュリティおよびプライバシー業務担当者が、慎重に扱うべき患者の健康情報のプライバシーとセキュリティを保護するための適切な管理に関する知識を有していることや、医療プライバシー領域への専門性を担保していることを証明する。

取得するには、出願者がセキュリティ、コンプライアンス、プライバシーを含む資格の知識領域において、2年以上の経験が必要。またそのうち1年は医療業界での経験が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大