Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療分野のセキュリティとプライバシーの資格認定制度「HCISPP」がスタート

認定資格「CISSP」などを運営する(ISC)2は、医療分野におけるセキュリティおよびプライバシーの資格認定制度「HealthCare Information Security and Privacy Practitioner(HCISPP)」を開始した。

同資格は、医療分野におけるセキュリティおよびプライバシーの専門知識を有しているか評価する制度。職務能力分析調査を実施した上で、資格の範囲や内容を決定したとしており、「グローバル標準を反映したベーシックレベルな資格」と説明している。

同資格では、医療機関におけるセキュリティおよびプライバシー業務担当者が、慎重に扱うべき患者の健康情報のプライバシーとセキュリティを保護するための適切な管理に関する知識を有していることや、医療プライバシー領域への専門性を担保していることを証明する。

取得するには、出願者がセキュリティ、コンプライアンス、プライバシーを含む資格の知識領域において、2年以上の経験が必要。またそのうち1年は医療業界での経験が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応