Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療分野のセキュリティとプライバシーの資格認定制度「HCISPP」がスタート

認定資格「CISSP」などを運営する(ISC)2は、医療分野におけるセキュリティおよびプライバシーの資格認定制度「HealthCare Information Security and Privacy Practitioner(HCISPP)」を開始した。

同資格は、医療分野におけるセキュリティおよびプライバシーの専門知識を有しているか評価する制度。職務能力分析調査を実施した上で、資格の範囲や内容を決定したとしており、「グローバル標準を反映したベーシックレベルな資格」と説明している。

同資格では、医療機関におけるセキュリティおよびプライバシー業務担当者が、慎重に扱うべき患者の健康情報のプライバシーとセキュリティを保護するための適切な管理に関する知識を有していることや、医療プライバシー領域への専門性を担保していることを証明する。

取得するには、出願者がセキュリティ、コンプライアンス、プライバシーを含む資格の知識領域において、2年以上の経験が必要。またそのうち1年は医療業界での経験が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市