Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際連携取組方針」を決定

政府の情報セキュリティ政策会議は、サイバーセキュリティ分野における国際連携について基本方針や、重点的に取り組む分野を整理し、「サイバーセキュリティ国際連携取組方針」を決定した。

同方針では、サイバー空間が国の成長を支える重要なプラットフォームとなる一方、国境のないサイバー空間において脅威の深刻度が増し、世界共通の課題となっていることから、2013年6月に策定された「日本再興戦略」や「サイバーセキュリティ戦略」を踏まえつつ、サイバーセキュリティ分野において、国際連携や共助に関する基本方針や重点取組分野を示したもの。

今後は方針に従い、産学官など関係者が共通の基本認識のもとに取り組みを推進。「情報の自由な流通の確保」「深刻化するリスクへのあらたな対応」「リスクベースによる対応の強化」「社会的責務を踏まえた行動と共助」といった基本原則のもと、世界各国との協力関係を構築し、安全で信頼できるサイバー空間の構築を目指すとしている。

サイバー犯罪への対応や多層的な情報共有体制の強化、さらにサイバー安全保障における協力体制の確立などを重点的に推進するほか、国際連携による研究開発や啓発活動、サイバーセキュリティに関する国際的なルール作りなどに取り組んでいく。

(Security NEXT - 2013/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定