Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミクシィ、脆弱性報告に報酬を支払う新制度を導入

ミクシィは、脆弱性の報告に対して報酬を支払う「脆弱性報告制度」をスタートした。2014年3月31日まで実施する予定。

今回開始したのは、同社や同社子会社がリリースしたウェブアプリケーション、およびクライアントアプリケーションの脆弱性の報告を対象とした報償制度。同社では、脆弱性の報告がより安全なサービスを実現する上で重要であるとし、正当な対価を支払う制度を導入したという。

報酬額は、脆弱性の影響によって変化。操作可能となるデータの範囲や操作内容、影響を受けるユーザー数、攻撃における操作の有無など指標を用意しており、脆弱性によって起こりうる被害を基準に、同社が金額を決定、修正完了後に相当額のギフト券をメールで送信する。

同社では、リモートからウェブサーバ上で任意のコードが実行可能なケースを100万円と例示。重要なユーザーデータの取得、削除などが可能となるSQLインジェクションやアクセス制御の不備といった脆弱性を50万円としているほか、クロスサイトスクリプティングによるコード実行や、チート行為が可能となる脆弱性など対象例として挙げている。

脆弱性の報告は専用窓口にてメールで受け付ける。既知の脆弱性や報告済みの脆弱性、攻撃が成立する可能性が著しく低い脆弱性、原理的に修正が不可能な脆弱性などは対象外としている。

(Security NEXT - 2013/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性