Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィルコム、PHS回線活用した迷惑電話警告ツール - 利用者間で電話番号を共有

ウィルコムとウィルコム沖縄は、「迷惑電話チェッカー WX07A」を発売する。迷惑電話番号の共有することで、より効果を高めることができるという。

同製品は、固定電話回線に設置することで、迷惑電話に対し、着信を自動で警告できるツール。着信番号をデータベースと照らし合わせ、電話の危険度を音声とランプで通知する。

振り込め詐欺や勧誘電話など、トビラシステムズが保有する2万件以上の迷惑電話番号を活用。さらに利用者が登録した迷惑電話番号を共有することにより、データベースの強化を図る。最大3万件の情報を保存で、任意で拒否登録や許可登録をすることも可能。

月額利用料は、基本使用料210円とオプション料金の490円。ウィルコムの利用者はオプション料金のみで利用できる。固定電話会社が提供する発信電話番号通知サービスに加入する必要がある。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
「機能利用に指紋必要」とだます詐欺アプリ - 不意突く「Touch ID」課金狙う
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも