Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィルコム、PHS回線活用した迷惑電話警告ツール - 利用者間で電話番号を共有

ウィルコムとウィルコム沖縄は、「迷惑電話チェッカー WX07A」を発売する。迷惑電話番号の共有することで、より効果を高めることができるという。

同製品は、固定電話回線に設置することで、迷惑電話に対し、着信を自動で警告できるツール。着信番号をデータベースと照らし合わせ、電話の危険度を音声とランプで通知する。

振り込め詐欺や勧誘電話など、トビラシステムズが保有する2万件以上の迷惑電話番号を活用。さらに利用者が登録した迷惑電話番号を共有することにより、データベースの強化を図る。最大3万件の情報を保存で、任意で拒否登録や許可登録をすることも可能。

月額利用料は、基本使用料210円とオプション料金の490円。ウィルコムの利用者はオプション料金のみで利用できる。固定電話会社が提供する発信電話番号通知サービスに加入する必要がある。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開