Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報ネットワーク法学会が改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

情報ネットワーク法学会のウェブサイトが改ざん被害に遭ったことがわかった。閲覧によりウイルスへ感染するおそれがあったという。

同学会によれば、5月29日19時ごろにウェブサイトの改ざんが発生。管理者アカウントを奪われ、外部よりFTPあるいはSSHによって改ざんされたもので、翌30日正午にかけて全ページに不正なスクリプトが埋め込まれた状態となったという。

改ざんされたページを閲覧すると、閲覧により不正サイトへ誘導され、マルウェアに感染するおそれがあった。具体的なマルウェアの種類はわかっていない。

同学会では、管理者アカウントの変更など対策を講じており、現在は6月1日に予定している特別講演会関連のページのみ安全性を確認した上で公開している。また心当たりが利用者に対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始