Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報ネットワーク法学会が改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

情報ネットワーク法学会のウェブサイトが改ざん被害に遭ったことがわかった。閲覧によりウイルスへ感染するおそれがあったという。

同学会によれば、5月29日19時ごろにウェブサイトの改ざんが発生。管理者アカウントを奪われ、外部よりFTPあるいはSSHによって改ざんされたもので、翌30日正午にかけて全ページに不正なスクリプトが埋め込まれた状態となったという。

改ざんされたページを閲覧すると、閲覧により不正サイトへ誘導され、マルウェアに感染するおそれがあった。具体的なマルウェアの種類はわかっていない。

同学会では、管理者アカウントの変更など対策を講じており、現在は6月1日に予定している特別講演会関連のページのみ安全性を確認した上で公開している。また心当たりが利用者に対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
札幌市のアーティスト支援施設でサイト改ざん - 外部に不正誘導
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も