Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEX、MDMサービス「LanScope An」最新版をリリース - iOSに対応

エムオーテックスは、スマートデバイスの資産管理やセキュリティ管理を提供するクラウドサービス「LanScope An」の最新版を、6月28日より提供開始する。

同サービスは、スマートデバイスの資産管理やセキュリティ管理、操作ログ監査などの機能をトータルで提供するソリューション。最新版ではあらたにiOSに対応。これによりAndroid端末とiOS端末の一元管理が可能となった。

iOS向けの機能では、リモート操作によるロック、ワイプ、パスワードリセットのほか、パスワードポリシー設定、デバイス制御、アプリ制御に対応。Appleが提供する「iPhone構成ユーティリティ」を用いて作成した構成プロファイル一斉配信などが行える。

そのほか端末情報の一元管理や稼動状況、インストールアプリなどの管理、プロファイル情報の自動取得、ポリシーに抵触する操作のアラート表示など、資産管理機能を提供する。Android端末については、操作ログの取得にも対応する。

最小契約数は5台から。料金は初年度が1端末あたり8400円。次年度以降は1260円。端末情報を地図上で管理するために必要な地図サービス利用料は、1契約8820円。

(Security NEXT - 2013/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション