Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード再設定用の「秘密の情報」約148万件が流出の可能性 - ヤフー

「Yahoo! JAPAN」のサーバが不正アクセスを受けた問題で、利用者IDだけでなく、パスワードを忘れた際に用いる「秘密の情報」なども流出した可能性が高いことがわかった。

今回問題となっている不正アクセスは、5月16日21時ごろに発生。「Yahoo! JAPAN」で利用されているID約2億件のうち、最大2200万件のIDを抽出したファイルがヤフーのサーバ内に生成された。同社では外部へ送信されたおそれがあるとし、5月17日に事態を公表している。

発表当初、同社はID以外の情報について漏洩を否定していたが、その後の調査で、約2200万件のうち148万6000件については、暗号化されたパスワード、およびパスワードの再設定に用いる「秘密の質問」が流出した可能性が高いことが判明したという。

これら情報を利用して、同社サービスへログインすることはできないが、同社は「秘密の質問」によるパスワードの再設定機能を一時的に停止した。

また対象のIDに対して、5月24日早朝を目途に、「パスワード」および「秘密の質問」のリセットを強制的に実施するとしており、利用者へ再設定を呼びかけている。

同社では、利用しているIDが不正アクセスを受けた約2200万件に含まれるか確認出来るページを用意しているが、現時点で「秘密の質問」が流出したか確認はできない。

(Security NEXT - 2013/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致