Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、高まるサイバー攻撃による脅威への対応を再確認

政府は、第9回目となる「情報セキュリティ対策推進会議」を1月30日に開催し、サイバー攻撃対策として政府機関などが取り組むべき対応について、再度徹底することを確認した。

同会議では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や日本原子力研究開発機構(JAEA)におけるウイルス感染をはじめ、2012年10月から2013年1月にかけて発生したサイバー攻撃の状況を踏まえ、1月10日の「情報セキュリティ対策推進会議幹事会・危機管理関係省庁連絡会議幹事会合同会議」において、各府省庁に対し、体制強化を要請したことを報告した。

標的型攻撃による脅威の顕在化など高まる脅威へのセキュリティ対策として、標的型攻撃に備えた早期点検や必要となる対策の実施、事故や障害に備えたCSIRTの整備や機能向上、サイバー攻撃に関する情報を内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ集約し、共有の徹底に取り組むことを再度徹底した。

また機密情報における脅威が、内部の規約違反による漏洩から外部からの攻撃に変化しているとし、機密情報を扱う業務についてはリスク評価を行い、必要な対策を計画的かつ重点的に推進することなど、今後の方向性について報告が行われた。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず