Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップ14店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - ベッコアメ

ベッコアメ・インターネットが運営する14のオンラインショップにおいて、最大6556件の顧客情報がネット上で閲覧可能な状態だったことがわかった。

閲覧された可能性があるのは、2012年10月2日から12月14日にかけて同社が運営しているゲーム関連商品のオンラインショップ14店舗で商品を購入した最大6556人分の個人情報。氏名、住所、電話番号などで、クレジットカードやログイン情報は含まれない。

12月15日に顧客から問い合わせがあり問題が発覚。同社ではデータを削除した。委託先の商品発送管理システムに存在する脆弱性が原因だという。同社が出店しているショッピングモール「ビッダーズ」「auショッピングモール」「mixiモール」と今回の事故とは関係ないという。

同社では対象となる顧客へ個別に連絡している。また対策本部を設置し、原因究明と再発防止を進める。

(Security NEXT - 2013/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大