Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オレンジソフト、Gmailで誤送信を防止する無料のChrome拡張機能を提供

オレンジソフトは、Gmailにおける誤送信対策を実現する「GM Checker」のベータ版を公開した。ブラウザ「Chrome」向けの拡張機能で、無料で利用できる。

同製品は、Gmailで送信前にメールの内容や宛先をチェックすることで誤送信対策を支援するもの。登録した単語が本文やタイトルに含まれていると警告を表示する「キーワードチェック機能」、設定した件数以上のアドレスを記入した時に警告を表示する「宛先件数チェック機能」を搭載している。

さらに本文やタイトルが未記入の場合に警告を表示する機能や、送信前の確認機能などを用意。今後も機能を順次拡張するとしており、保守やカスタマイズを有償サービスとして展開する予定だという。

(Security NEXT - 2013/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
NTTソフト、メール誤送信対策ソフトの新版 - 確認操作の「慣れ」対策も