Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、標的型攻撃を警告するメール誤送信製品

NTTソフトウェアは、標的型攻撃メールの警告機能を備えたメール誤送信防止ソリューション「CipherCraft/Mail」の最新版を、12月17日より発売する。

同製品は、メールの暗号化、一時保留、上長承認、個人情報の検出など、誤送信対策機能を実現するセキュリティソリューション。クライアントPCにインストールする「クライアントタイプ」と、プロキシサーバとして動作する「サーバタイプ」を用意している。

最新版では、「クライアントタイプ」に、受信メールを独自エンジンで分析し、標的型攻撃メールを検知する新機能を追加した。

過去に受信したメールと特徴が異なったり、送信ドメイン認証の結果から標的型攻撃の可能性がある場合に問題のメールを隔離し、受信者に警告をポップアップで表示。不審点を指摘し、対処方法を案内する。

100ユーザーライセンス導入時の価格は38万円で、保守費用が別途必要。同社では今後3年間に10万ライセンスを販売したいとしている。

(Security NEXT - 2012/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
NTTソフト、メール誤送信対策ソフトの新版 - 確認操作の「慣れ」対策も
キヤノンITS、タイの日系企業向けにメールセキュリティサービス
「指さし確認」しないとメールを送信できない誤送信対策ソフト
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
CITS、クラウド型メールセキュリティに英語版
NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も