Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CAのバックアップ製品に複数の脆弱性

CA Technologiesのバックアップ製品「CA ARCserve Backup for Windows」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。同社やセキュリティ機関ではパッチの適用を呼びかけている。

「同r16」「同r15」「同r12.5」において、「RPCリクエスト」の処理に2件の脆弱性が存在していることが判明したもの。脆弱性が悪用されると、任意のコードが実行されたり、サービス拒否が発生するおそれがあるという。

CAでは、リスクのレーティングを「High」に設定。悪用を防ぐため、パッチを適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認