Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巡回先記載した書類を警備員が紛失 - セキュリティサービス会社

大阪ガスセキュリティサービスは、顧客情報115件が記載された書類を、同社の警備員が紛失したと発表した。

所在がわからなくなているのは、同社のホームセキュリティサービス「アイルス」の巡回先一覧表。大阪市内の顧客115件の氏名、住所、電話番号が記載されている。

10月24日、警備員が巡回中に紛失したもので、翌日警察へ届出を行った。同社では対象となる顧客を個別訪問し、説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2012/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
グループ会社事務所に空き巣、顧客情報入りPCが盗難 - 日本アジアグループ
児童クラブの名簿が車上荒らし被害、施設の警備解除キーなども - 前橋市
調剤薬局に侵入者、顧客情報入りPCなどが盗難 - 総合メディカル
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
金庫の顧客情報入りUSBメモリなどが盗難被害 - ダンロップテニススクール
監査関与先企業の取引先情報など含むUSBメモリを紛失 - トーマツ
顧客情報入りジェラルミンケースが警備会社の車両ごと盗難 - 銚子信金
都内4カ所のセブン銀行ATMにスキミング機器 - 3200件を不正取得か
医師のなりすましが発生、警備員から医師の情報を取得 - 弘前大付属病院