Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの未修正脆弱性、「Poison Ivy」によるゼロデイ攻撃に悪用される

Internet Explorerに未修正の脆弱性が発見された。トロイの木馬をインストールする攻撃が発生しているとしてセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

今回の脆弱性は、セキュリティ研究者であるEric Romang氏が、ブログ上で発表したもの。8月にゼロデイ攻撃が発生したJavaの脆弱性「CVE-2012-4681」を調査している際に発見したという。

日本マイクロソフトでは、セキュリティアドバイザリで標的型攻撃に関する報告を受けたことを公表。さらにAlienVaultは、サイバー攻撃に用いられるリモートアクセスツール「Poison Ivy」で作成されたと見られるトロイの木馬をインストールする攻撃を確認したことを明らかにしている。

すでに問題の脆弱性は、検証用セキュリティツール「Metasploit」へ登録されていることからも、今後攻撃に対して注意する必要がある。

(Security NEXT - 2012/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ