Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、8月15日に月例パッチ9件を公開 - 長期休暇に重なる場合は特に注意を

日本マイクロソフトは、8月15日に深刻度「緊急」5件を含む9件の月例セキュリティ更新プログラムを公開する予定だ。夏季休暇と重なる企業もあり注意が必要だ。

深刻度がもっとも高い「緊急」にレーティングされているプログラムでは、「Windows」や「Internet Explorer」のほか、「Office」「Microsoft SQL Server」、開発者ツール、同社サーバ製品など多数製品に影響がある脆弱性を修正する予定。脆弱性が悪用されると、いずれもリモートで攻撃を受ける可能性があるという。

のこりの4件は、深刻度が次に高い「重要」のプログラム。「Windows」や「Office」「Exchange」に存在する問題へ対応する予定。

また同日に、暗号の危殆化に対応するため、RSAアルゴリズムで鍵長1024ビット未満の暗号鍵をブロックする更新プログラムの公開を予定している。

NIST(米国商務省国立標準研究所)のガイドラインで、鍵長を1024ビットから2048ビットに強化する必要があると示したいわゆる「2010年問題」へ対応するもの。

プログラムを適用すると、1024ビット未満のキーを使用したSSL証明書を利用するウェブサイトの利用や署名されたActive Xコントロールのインストールができなくなる。

(Security NEXT - 2012/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ