Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレスやパスワードなど約45万件が流出 - 米Yahoo!

米Yahoo!において、約45万件におよぶメールアドレスとパスワードの外部流出が発生した。サービス経由の流出ではないという。

インターネット上へデータがアップロードされ、同社が調査を進めていたもので、同社では7月12日に流出を認めた。「Yahoo! Voice」に関するデータとの指摘もあるが、「Yahoo! Contributor Network」に関するデータと見られている。

今回の流出に関して、ハッカーグループによる犯行声明も出ており、原因がSQLインジェクション攻撃であるとの見方もあるが、同社は一部米メディアの取材に対し、同サービスの買収前に作成された単独ファイルだったとし、Yahoo!のサービスから取得されたものではないと説明。流出したデータについても有効なデータは限定的であると釈明している。

同社は、関連する利用者に対してアナウンスを実施するとともに、流出原因となった脆弱性について修正し、セキュリティ強化などを進めている。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト