Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレスやパスワードなど約45万件が流出 - 米Yahoo!

米Yahoo!において、約45万件におよぶメールアドレスとパスワードの外部流出が発生した。サービス経由の流出ではないという。

インターネット上へデータがアップロードされ、同社が調査を進めていたもので、同社では7月12日に流出を認めた。「Yahoo! Voice」に関するデータとの指摘もあるが、「Yahoo! Contributor Network」に関するデータと見られている。

今回の流出に関して、ハッカーグループによる犯行声明も出ており、原因がSQLインジェクション攻撃であるとの見方もあるが、同社は一部米メディアの取材に対し、同サービスの買収前に作成された単独ファイルだったとし、Yahoo!のサービスから取得されたものではないと説明。流出したデータについても有効なデータは限定的であると釈明している。

同社は、関連する利用者に対してアナウンスを実施するとともに、流出原因となった脆弱性について修正し、セキュリティ強化などを進めている。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ