Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ITプロフェッショナル・グループら、「PCI DSS」のeラーニングサービスを開始

ITプロフェッショナル・グループ、国際マネジメントシステム認証機構、トライコーダ、ネットレコーダー・ソリューションズの4社は、「PCI DSS」のeラーニングサービスを提供開始した。

同サービスは、大手クレジットカードブランド5社が共同で策定したセキュリティ基準「PCI DSS」の理解促進を目的としたeラーニングサービス。これからPCI DSSの準拠を目指す組織や、すでに準拠している組織向けに作成されている。

要求事項に関する解説や研修を収録した「PCI DSS要求事項の本格的解説 v2.0コース」と、ウェブアプリにおける脆弱性や、コーディングの原則を説明し、安全なアプリケーション開発を支援する「セキュアWebアプリケーション開発啓発コース」の2種類を用意した。

「PCI DSS要求事項の本格的解説 v2.0」の料金は5万2500円。詳細解説書が付属する場合は、9万4500円。「セキュアWebアプリケーション開発啓発コース」は、3万1500円。

(Security NEXT - 2012/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
システムの可視化や脆弱性をスキャンする「F-Secure Radar」
「PCI P2PE」の準拠支援サービスを提供 - NRIセキュア
DNP、「PCI DSS」への準拠を支援するコンサルサービス
BBSec、PCI DSS準拠評価サービスをアジア展開
TOKAIコミュニケーションズ、「PCI DSS準拠支援サービス」
富士通SSL、米FireMon製ファイアウォール運用ソフトを発売
NRIセキュア、PCIDSSサービスを海外展開
三井住友カードとNRIセキュア、加盟店向けセキュリティサービスを提供
日本HP、企業向けリスク可視化ソリューションを発売 - スマホアプリの脆弱性検証ソリューションも