Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ウェブアプリ脆弱性対策講座に「マッシュアップ」の解説を追加

情報処理推進機構(IPA)は、「セキュア・プログラミング講座」の「Webアプリケーション編」にコンテンツを追加した。

「セキュア・プログラミング講座」は、安全なソフトウェアやウェブアプリケーションの開発を支援する開発者向け資料。開発行程ごとに脆弱性対策を解説、要件の定義や設計の時点でも対策を意識できるようまとめてあり、「Webアプリケーション編」と「C/C++言語編」が用意されている。

今回、「Webアプリケーション編」へ、公開APIなどを用いて外部サイトのコンテンツや処理を活用する「マッシュアップ」に関する項目を追加したもの。クライアントサイドで想定されるシナリオを紹介し、対策に利用できる技術を紹介している。

サーバサイドのマッシュアップでは、同機構が別途作成している「アイデンティティ管理技術解説」の「インターネット上の代理アクセス」で解説を提供する予定。

(Security NEXT - 2012/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を