Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月の新規モバイルマルウェア39件はすべてAndroid狙い - root権限奪取する「Android/RootSmart.A」も

マカフィーは、2月におけるモバイルマルウェアの報告状況を取りまとめた。エクスプロイトによりroot権限を奪取するマルウェアが確認されたという。

同社が2月に確認したモバイル端末向けマルウェアは39件で、すべてAndroidを対象としたものだった。内訳は、マルウェアの新種が7件、亜種が19件で、不審なプログラムの新種が6件、亜種が7件。

2月にあらたに確認された「Android/RootSmart.A」は、エクスプロイトを使用してroot権限の取得を試みるマルウェア。外部サーバからほかの不正アプリをダウンロードする。

同マルウェアが要求するパーミッションは、インターネット接続のみで、要求内容から不正なプログラムであるか判断することが困難であると同社は指摘している。

さらに「Android/RootSmart.A」によってダウンロードされる「Android/DrdLive.A」は、デバイス管理アプリとして自身をインストールしようとするマルウェア。

「Android/RootSmart.A」と異なり、「Android/DrdLive.A」はさまざまなパーミッションを求めるが、誤って許可すると外部サーバによって操作され、内部情報を外部へ送信するほか、SMSや音声通話を発信されるおそれがある。

また「IMEI」など端末情報を外部サーバへ送信したり、ブログ内に埋め込まれた命令によって動作するバックドア機能を備えた「Android/Anserver.A」が確認されている。

(Security NEXT - 2012/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド