Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」の既知脆弱性「CVE-2012-0754」に対する標的型攻撃が発生

Adobe Systemsが2月の定例アップデートで修正した「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2012-0754」を悪用する標的型攻撃が発生している。

2月のアップデート公開時点で「CVE-2012-0767」に対するゼロデイ攻撃が確認されていたが、時間の経過とともに攻撃対象となる脆弱性が増えている。セキュリティ研究家であるMila Parkour氏が明らかにしたもので、「swfファイル」を埋め込んだ「Wordファイル」がメールの添付ファイルとして出回っている。

問題の添付ファイルは、イランの石油問題や核問題に関連すると見せかけた名前が付けられており、誤って開くと「mp4ファイル」に見せかけて脆弱性を悪用するトロイの木馬をダウンロードし、実行するという。

同脆弱性について、NTTデータ先端技術も再現性について検証を実施しており、リモートからコードが実行可能であることを確認している。

脆弱性が悪用された場合、情報漏洩や改ざん、悪意あるプログラムのインストールといった被害が予測されるとして、同社は対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大