Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、データ容量を抑えた秘密分散技術を開発

NECは、従来と比較してデータ容量を抑えた秘密分散技術を開発した。クラウドにおけるデータ保存などへ応用できる。

秘密分散技術は、データを暗号化した上で複数に分散し、保存する技術。分散した秘密データの改ざんなどを確認するため、秘密データと同程度の容量を持つチェックデジットや、秘密データの数倍の容量となる鍵データが必要だった。

同社ではこれに対し、データの誤りを訂正する「誤り訂正符号技術」を活用。複数のチェックデジットから鍵データを復元できる技術を開発したもので、鍵データの保存が不要になるという。

同社では、今回の技術を活用することで秘密分散技術において従来のような大容量のデータを保存するディスクが不要となり、クラウド環境でのデータ保存など応用できるとしている。

(Security NEXT - 2012/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
暗号学分野の業績称え、Adi Shamir氏に日本国際賞
TCSI、秘密分散技術によるデータ分割ソリューション
富士通研究所ら、ブロックチェーンのセキュリティ強化技術を開発
NTTソフト、秘密分散技術を活用したクラウドストレージソリューション
ランドスケイプ、電子割符サービス「REXエスクローサービス」を取扱開始
NRIセキュア、秘密分散技術によるデータ管理サービスにファイル共有機能を追加
秘密分散技術を活用したデータ保管サービス - NRIセキュア
秘密分散技術によるデータ管理サービスを2010年秋に提供 - NRIセキュア
原本残さない割符PDFソリューションを発売 - 日立ビジネス