Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSの類似ドメインを利用した「なりすましメール」が発生 - whois情報も偽装

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会のドメインと酷似したドメインを利用し、同協会を装った不審メールが送付されているとして、注意を呼びかけている。

なりすましに利用されていたドメインは「accsjp.net」。問題のドメインは、2012年2月に入って国内のレジストラを通じて取得されており、登録者情報には同協会の住所や電話番号などが登録されているが、同協会以外の第三者が取得したものだという。

同協会ではメールの内容を確認するとともに、レジストラと今後の対応について検討を進めている。またウェブサイトを通じて、問題のドメインを利用したなりすましメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用