Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSの類似ドメインを利用した「なりすましメール」が発生 - whois情報も偽装

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会のドメインと酷似したドメインを利用し、同協会を装った不審メールが送付されているとして、注意を呼びかけている。

なりすましに利用されていたドメインは「accsjp.net」。問題のドメインは、2012年2月に入って国内のレジストラを通じて取得されており、登録者情報には同協会の住所や電話番号などが登録されているが、同協会以外の第三者が取得したものだという。

同協会ではメールの内容を確認するとともに、レジストラと今後の対応について検討を進めている。またウェブサイトを通じて、問題のドメインを利用したなりすましメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加