Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidマーケットに33件のマルウェア - Doctor Webが大量配信を確認

Doctor Web Pacificは、Androidマーケットで配布されているアプリに悪意のあるプログラムが多数含まれていたことを明らかにした。

同社が確認したプログラムは、トロイの木馬である「Android.SmsSend」の亜種。壁紙を変更できるアプリとして配信されており、Androidマーケット上で33件を発見したという。Googleでは、同社の報告をもとに対象となるアプリを削除した。

今回発見されたマルウェアが提供する壁紙は多岐にわたっており、さらに紹介文には人気のキーワードを入れて検索上位を狙うSEO行為も行われていた。

これらマルウェアは、実際に壁紙の変更機能を備えていたが、ユーザーが気が付かない間に有料番号にSMSを送信する機能も備えており、追加料金が発生するおそれがある。

今回の問題について、攻撃手法は目新しいものではないが、大きな損害を与える可能性があるとDoctor Webは指摘。Android経由でマルウェアが配布されたのは、今回が初めてではないが、今回のような大量配信ははじめての事例だという。

(Security NEXT - 2011/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止