Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケット発行を装い、マルウェア感染サイトへ誘導 - 多忙なユーザーの隙を狙う攻撃

ホリデーシーズンを前に、電子チケットの取得と称してウイルスサイトへ誘導するスパムメールが発生している。

米Symantecによれば、問題のスパムメールは、チケットを購入したかのような体裁で、搭乗時間や目的地、料金など記載されていた。さらにチケットをダウンロードし、印刷するよう指示が書かれている。

飛行機会社へのリンクと見せかけたURLは、HTMLメールを用いて偽装されており、実際のアクセス先は、ロシアに設置されているサイトだった。アクセスすると複数の脆弱性が攻撃され、マルウェアへ感染するおそれがあるという。

米国では感謝祭を間近に控えており、今回の攻撃は休暇前の忙しさからリンクをよく確認せずにクリックしてしまうユーザーの心理につけ込んだ攻撃と見られている。

同社は対策として、スパムメールや添付ファイルを開いたり、返信したりしないことや、不審なメールのリンクをクリックせず、アクセスする場合は、ブラウザに直接URLを入力することなど、被害に遭わないためのポイントとして挙げている。

またOSの脆弱性を解消したり、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に保つことなど、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か