Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケット発行を装い、マルウェア感染サイトへ誘導 - 多忙なユーザーの隙を狙う攻撃

ホリデーシーズンを前に、電子チケットの取得と称してウイルスサイトへ誘導するスパムメールが発生している。

米Symantecによれば、問題のスパムメールは、チケットを購入したかのような体裁で、搭乗時間や目的地、料金など記載されていた。さらにチケットをダウンロードし、印刷するよう指示が書かれている。

飛行機会社へのリンクと見せかけたURLは、HTMLメールを用いて偽装されており、実際のアクセス先は、ロシアに設置されているサイトだった。アクセスすると複数の脆弱性が攻撃され、マルウェアへ感染するおそれがあるという。

米国では感謝祭を間近に控えており、今回の攻撃は休暇前の忙しさからリンクをよく確認せずにクリックしてしまうユーザーの心理につけ込んだ攻撃と見られている。

同社は対策として、スパムメールや添付ファイルを開いたり、返信したりしないことや、不審なメールのリンクをクリックせず、アクセスする場合は、ブラウザに直接URLを入力することなど、被害に遭わないためのポイントとして挙げている。

またOSの脆弱性を解消したり、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に保つことなど、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意