Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JASRAC、CD未発売の新曲をネットで配布した男性を告訴 - 広告収入目的でサイト運営

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、発売前の新曲を携帯電話向けサイトに違法アップロードしていた札幌市の男性を、著作権侵害で11月21日に告訴したと発表した。

同協会によれば、男性は2004年11月ごろから、CD発売前の新曲を携帯電話サイトにアップロードしたうえで、メールマガジンを通じて7万人の利用者に告知。ダウンロードさせていた。

警察の調べによると、男性はこれまでに約3000曲を違法アップロードし、約5500万円の広告収入を得ていたという。

(Security NEXT - 2011/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用
人気マンガ雑誌をWinnyで違法公開 - 容疑者3名が逮捕
「Share」でマンガやアニメを配布した自治体職員が逮捕
「MEGAUPLOAD」にマンガを違法アップロードした男子学生を逮捕