Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS上の実名公開、徐々に薄れる抵抗感 - 職場や学校のルール策定進まず

ソーシャルメディア上における個人情報の公開に対し、約6割のユーザーが抵抗感を感じていることがわかった。依然過半数を上回るものの、約10カ月で3割減となり意識が大きく変化している。

アップデイトが運営するMMD研究所が、リサーチ協賛メディアや同研究所登録会員を対象にインターネット上で実施した「ソーシャルメディアの利用に関する意識調査」により判明したもの。調査は9月7日に実施し、有効回答数は620。

同調査によれば、「Facebook」「Twitter」「mixi」「ブログ」などSNS上で本名を公開することに対し、62.1%が「抵抗がある」と回答した。

依然として過半数を上回るユーザーが抵抗感を感じているものの、2010年11月に実施した調査では、同様の質問に89.1%が抵抗感を感じていると回答しており、約10カ月で27ポイント減少する結果となった。

また職場や学校などにおけるソーシャルメディアの利用ルールについて尋ねたところ、「ルールがある」とする回答は22.1%にとどまっている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
メルカリ、12月上旬より初回出品時の個人情報登録を義務化
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
町内会や同窓会など名簿作成時の注意点は? 政府が紹介動画
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
メルカリ、初回出品時の個人情報登録を義務化 - 盗品対策で