Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS上の実名公開、徐々に薄れる抵抗感 - 職場や学校のルール策定進まず

ソーシャルメディア上における個人情報の公開に対し、約6割のユーザーが抵抗感を感じていることがわかった。依然過半数を上回るものの、約10カ月で3割減となり意識が大きく変化している。

アップデイトが運営するMMD研究所が、リサーチ協賛メディアや同研究所登録会員を対象にインターネット上で実施した「ソーシャルメディアの利用に関する意識調査」により判明したもの。調査は9月7日に実施し、有効回答数は620。

同調査によれば、「Facebook」「Twitter」「mixi」「ブログ」などSNS上で本名を公開することに対し、62.1%が「抵抗がある」と回答した。

依然として過半数を上回るユーザーが抵抗感を感じているものの、2010年11月に実施した調査では、同様の質問に89.1%が抵抗感を感じていると回答しており、約10カ月で27ポイント減少する結果となった。

また職場や学校などにおけるソーシャルメディアの利用ルールについて尋ねたところ、「ルールがある」とする回答は22.1%にとどまっている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
読書感想文など「宿題完成品」の売買を禁止 - メルカリ
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か