Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS上の実名公開、徐々に薄れる抵抗感 - 職場や学校のルール策定進まず

ソーシャルメディア上における個人情報の公開に対し、約6割のユーザーが抵抗感を感じていることがわかった。依然過半数を上回るものの、約10カ月で3割減となり意識が大きく変化している。

アップデイトが運営するMMD研究所が、リサーチ協賛メディアや同研究所登録会員を対象にインターネット上で実施した「ソーシャルメディアの利用に関する意識調査」により判明したもの。調査は9月7日に実施し、有効回答数は620。

同調査によれば、「Facebook」「Twitter」「mixi」「ブログ」などSNS上で本名を公開することに対し、62.1%が「抵抗がある」と回答した。

依然として過半数を上回るユーザーが抵抗感を感じているものの、2010年11月に実施した調査では、同様の質問に89.1%が抵抗感を感じていると回答しており、約10カ月で27ポイント減少する結果となった。

また職場や学校などにおけるソーシャルメディアの利用ルールについて尋ねたところ、「ルールがある」とする回答は22.1%にとどまっている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定