Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀行装うフィッシング攻撃に注意 - 問い合わせが約500件以上、実被害も

三菱東京UFJ銀行は、同行を装ったフィッシングメールが送信されており、実際に被害が発生しているとして、利用者へ注意を呼びかけている。

同行を装ったフィッシングメールが8月25日以降に出回っているもので、同行には9月6日17時の時点で約500件の問い合わせが寄せられており、すでに被害も発生しているという。

問題のフィッシングメールは、「三菱東京UFJ銀行より大切なお知らせです」という件名で、取引の有無に関係なく不特定多数に送り付けられており、「セキュリティの向上に伴い、確認番号カードを再発行する」などと騙して「申し込みソフト」とする実行形式の添付ファイルを開かせる手口だった。

実行ファイルは、インターネットや電話で取引が行える同社サービス「三菱東京UFJダイレクト」に関する契約情報やパスワードを入力させ、外部に送信するプログラム。誤って契約情報を送信すると悪用されるおそれがあり、すでに被害も発生しているという。

同行では、メールを利用してパスワードや暗証番号などの入力を直接誘導することはないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に