Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhone 5」に便乗したフィッシング攻撃が発生 - モニター提供装い個人情報を収集

シマンテックは、9月に発売されるとの憶測が流れているAppleの次世代スマートフォン「iPhone 5」に便乗したフィッシング攻撃について注意を促している。

110908sy_01.jpg
実際のフィッシング画面

今回確認された攻撃は、「iPhone 5」に興味を持つユーザーを狙ったフィッシング攻撃。モニター募集に見せかけてウェブサイトへ誘導し、「無償提供するiPhoneの送付先」などとして偽のアンケートフォームで個人情報を収集していた。

既存機種である「iPhone 4」の発売時も同様の攻撃が発生しているが、「iPhone 5」の発売前後にはそれ以上のスパムが発生するおそれがあると同社では予想しており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査