Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニ子会社に不正アクセス - メールアドレスや求職者情報など流出

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、ロンドン所在の欧州子会社のウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスや求職者情報が流出したと発表した。

SQUARE ENIXが運営する「Eidosmontreal.com」や、同社プロダクトサイトなどが、5月13日に外部から不正アクセスを受けたもの。

今回の不正アクセスで、新商品の情報提供サービスに登録している顧客2万5000人のメールアドレスのほか、サイト経由で採用募集に応募した350人分の履歴書が流出した。クレジットカード情報などはサイト上で保有していなかったとしている。

同社や子会社では現在、応急措置を実施して被害の拡大を防止に取り組んでおり、流出の原因や経路について調査を進めている。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明