Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門家がもっとも注目した2010年の脅威は「故意の情報漏洩」

情報処理推進機構(IPA)は、2010年における情報セキュリティの状況を解説した「2011年版10大脅威 進化する攻撃……その対策で十分ですか?」を公開した。

同機構への届け出や脆弱性の公表、メディアによる報道などをもとに、情報セキュリティの専門家や実務担当者127人で構成する「10大脅威執筆者会」にて取りまとめた。

「社会的影響」「印象が強さ」などの観点から選定した10種類の脅威について解説。脅威の事例やビジネスに与えるインパクト、情報セキュリティの考え方や方向性についても紹介している。

ランキングを見ると、2010年は「組織における故意の情報漏洩事件」が1位だった。情報漏洩については、2006年以降毎年ランクインしており、2009年も5位となっている。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱