Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土地使用料の支払調書を別の顧客へ誤送付 - UR都市機構

UR都市機構は、個人情報が記載された支払調書1人分を、誤って別の顧客へ送付したことを公表した。

誤送付されたのは、同機構が賃借している土地の所有者に対し送られた土地使用料の支払調書8枚。所有者の氏名、住所、物件所在地、支払金額などが記載されていた。

1月28日に発送した際、誤ってほかの顧客へ送ったという。2月3日に誤送付先から連絡があり、謝罪するとともに書類を回収した。本来送付すべき顧客にも、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人