Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土地使用料の支払調書を別の顧客へ誤送付 - UR都市機構

UR都市機構は、個人情報が記載された支払調書1人分を、誤って別の顧客へ送付したことを公表した。

誤送付されたのは、同機構が賃借している土地の所有者に対し送られた土地使用料の支払調書8枚。所有者の氏名、住所、物件所在地、支払金額などが記載されていた。

1月28日に発送した際、誤ってほかの顧客へ送ったという。2月3日に誤送付先から連絡があり、謝罪するとともに書類を回収した。本来送付すべき顧客にも、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市