Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「地方自治情報センター」装った不審メールに注意 - 添付PDFでゼロデイ攻撃

「地方自治情報センター」を装った不審メールが出回っている。添付ファイルを誤って開くと未修整の脆弱性が攻撃され、ウイルスへ感染する可能性があり、総務省やセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

問題のメールは、「地方自治情報センター」を装って「住民税還付 還付追加―総務省」といった件名で送信されており、税金還付に関する情報提供を行うように見せかけ、細工したPDFファイルを開かせようとするという。

攻撃を確認したトレンドマイクロが調査したところ、誤って添付ファイルを開くと、脆弱性が悪用され、「BKDR_SYKIPOT.A」「TROJ_AGENT.ATML」に感染。感染後は、任意のプログラムが実行されたり、情報漏洩が発生する可能性があることが判明した。

今回悪用された脆弱性は、10月に明らかになったもので、Adobe Systemsでは、11月15日の週にアップデートの提供を予定しており、現在修正プログラムが提供されていない。総務省やトレンドマイクロでは、誤ってファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ