Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJVNバージョンチェッカ」が「Windows 7」に対応

情報処理推進機構(IPA)が提供しているアプリケーションのバージョン確認ツールが、「Windows 7」で利用できるようになった。

「MyJVNバージョンチェッカ」は、PC内にインストールされているソフトウェアが最新版であるか確認できるツールで、2009年11月より提供されている。

今回のバージョンアップにより、動作環境に最新OS「Windows 7」を追加。「Adobe Flash Player」「Adobe Reader」「JRE」「Lunascape」「Firefox」「Thunderbird」「QuickTime」「Lhaplus」のバージョンチェックが行える。

(Security NEXT - 2010/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
「hcsshim」に脆弱性、MSが定例外パッチ - 5月9日にPoCが公開予定
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ