Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJVNバージョンチェッカ」が「Windows 7」に対応

情報処理推進機構(IPA)が提供しているアプリケーションのバージョン確認ツールが、「Windows 7」で利用できるようになった。

「MyJVNバージョンチェッカ」は、PC内にインストールされているソフトウェアが最新版であるか確認できるツールで、2009年11月より提供されている。

今回のバージョンアップにより、動作環境に最新OS「Windows 7」を追加。「Adobe Flash Player」「Adobe Reader」「JRE」「Lunascape」「Firefox」「Thunderbird」「QuickTime」「Lhaplus」のバージョンチェックが行える。

(Security NEXT - 2010/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
Windowsタスクスケジューラの脆弱性、PoCは一部環境のみ動作 - コード修正で広く影響
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる